下手の横好き日常log

シンプルに心地良く生きていきたい

大事な試験の結果を見るときはいつだって

結果が届かないと嘆いていた認定試験に無事合格できました。

ああああ、長かったよー。よかったよー。

無事自宅に郵送されて来ましたが「イケそうだけどどうかな。大丈夫って思ってるとダメになるんだよなぁ」と期待と不安を煮詰めすぎて、合格の文字を見ても逆にうまく喜べなくなってました。

この記事書きながらようやく喜びを噛み締めているところです。ああ、良かった。

試験結果にこんなにハラハラしたのは何年振りだろう?

随分と久しぶりなのは間違いないので、ちょっと記録しときます。

 

事の始まりは前日の夜

結果が届かないとヤキモキしていたある日。

ああ、今日もまだ結果来なかったな。

ああもう、毎日スッキリしないのはこれが原因だよ。

もはや半ば諦めて、5月中に結果の郵便が届けばいいやと思い、おそらく同じ愚痴を溜めているであろう同期受験組のTwitterを見た。

まだ届かないーと書かれていると期待して。

そしたら、合格しました💮と。

はい…?

え?え?まじで?

私まだ受け取ってないよ?え?

え?

 

今日受け取ってないってことは明日か明後日くらいに届くってこと?

結果は郵送なのでおそらく地域差があると思われる。ほんとに?

明日?1日遅れなのは不合格だから?

…。

時刻は23時、もう寝ようとしていたその瞬間、もはや寝れなくなっちまうものを見てしまった。

どうしよう、明日家に帰るまで気が気じゃないんだが。

挙句の果てには郵便配達の時間まで検索してるんだけど。

きっと、きっと明日には届くはず。届くはず。

 

翌日

仕事に行く前にポストを確認。まだ来てない。

仕事中はもう考えない。考えない。

いや、考えると吐きそう。

家に着いてポストを確認する。

封筒が!届いている!その場で確認。

格通の文字!

はーーーーーー!良かった、落ちてない!

受かった!ではなく落ちてないってとこが重要。

 

結果を見た後は

とりあえず色々お世話になった人に急ぎ合格の連絡した。しただけ。

なんかもう、ドキドキしすぎて燃え尽きた。

2年越しの目標達成。

何度ノートに認定試験に合格する!と書いたことか。

でも、いつも大事な試験の合格をもらうときは現実感が追いつかない。

よく合格発表で自分の受験番号を見つけて狂喜乱舞してるシーンがあるけど、あんなんファンタジーだと思う。

合格発表までの間に合格した自分と落ちた自分と両方を想定してしまって、期待と不安を全部消費してしまう。そしていざそれが現実となると嬉しいは嬉しいけど、なんかもう燃えカスみたいになってる気がする。

現実感が追いつかない。「あ、はい」みたいな反応になってしまう。

それでも職場の人に「おめでとう!」と我が事のように喜んでもらえてようやくやり切った感が湧いて来ました。

ああ、長かった。

これでようやく本当の意味で一息付ける。

 

ちょっと情緒がおかし過ぎて、変な文章になっちゃってるけど、これがリアルです。

リアルだからこのままにしときます。