下手の横好き日常log

手探りな毎日だけどシンプルに、マイペースに。

不自由でいいんだけど、少しの自由も欲しいのが本音。

 

自由に働くことは幸せなのか?

こういうテーマはきっと自由に働くキラキラした人や、充実した日々について記事にする方がいいのかもしれない。

でも、私自身は会社勤めだし、会社勤めの人がいるから世の中成り立っている部分はある。

この人たちがいなきゃ成り立たないって職業もたくさんある。

何でもかんでもフリーランスってわけにはいかない。

 

私は会社員だけど、完全に自由に働きたいとは考えてはいない。

 

せっかくなので私が会社員でいる理由を整理しようと思う。

「自由に働く」というけど、自由とは簡単にはいかない。

 

人間関係から自由になる?

人間関係は難しい。最初は良くても拗れる時は拗れるし。誰とでもずっと仲良しでいられるわけじゃない。

確かに人間関係から自由になれば、ストレスは減る。それも大幅に。

人の目を気にしなくなればものすごく自由だと思う。

 

でもフリーランスだと人間関係から自由になれるのかな?

毎日嫌いな人と職場で顔を合わせなくてもいいけれど、フリーでも仕事をする上でずっと1人でできるわけじゃない。

クライアントがいる。仕事仲間がいる。全部が全部自分と気が合う人である保証はない。

そして自分自身で自分のことを売り込んで仕事をとってこなくてはいけない。

それで大丈夫な人もいる。それが自由だと思う人もいる。

 

でも私には多分無理。

自分から人間関係をどんどん広げていくタイプではないからね。

 

そっちの方がストレスかもしれない。

 

管理された場所、時間から自由になる?

就業時間に間に合うように朝起きて、会社に行き、定時まで働いて、残業をこなす。

この就業時間の縛りから自由になれれば、寒い朝に布団の中で「仕事行くのやだなー」という小さなストレスから解放される。

まだ寝ていたい欲求を毎日満たせるのは魅力的。

 

でもその魅力を自分に与えると、昼夜逆転が目に見えているぞ。

 

やりたくないことから自由になる?

どんなに自分が好きなことを仕事にしたってやりたくないことはあるよ。

 

これはむしろフリーランスの方が増えそう。

私はお金の話は苦手だけど、そういうのも全部自分でやらなきゃいけない。

会社にいれば、専門の部署の人がやってくれたことも自分でやらないといけない。

 

これに関してはやりたくないことの割合は増えるけど、やりたいことの割合も増やして相殺しようってことかもしれない。

やりたくないことも全部やる代わりに、やりたいことも全部できる。

 

確かに自由ではある。と思う。

 

お金の不安から自由になる?

フリーランスになれば好きな時間に働いて好きなだけ稼げる?

 

月給制ではなくなるので稼げる額は自分次第で青天井。それはたしかにそうだけど、青天井に稼ぐにはそれなりの努力と時間の投資と少しの運が必要。

多くは会社員よりも不安定にはなるんじゃないかな。

 

収入に制限はないけど、月々の補償もない。

その方が燃える人もいる。

それでもやっていく自信がある人もいる。

 

でもなー、私は月々の収入は最低限決まってる方がいいなー。

 

全てから自由になれば幸せ?

自分で自由に人間関係を築いて、自分で自分の働く場所を作り出し、自分を律して時間を管理し、やりたいことをやる代わりにやりたくないことも全部やる。収入は自分の働き次第。

 

自由だ。

確かに自由だと思うけども。

 

正直、ちょっと大変そう。

 

組織に所属していることで楽できている部分もあると思う。

管理された時間と仕事をこなすというのは自由はないかもしれないけど、ある意味気楽で、月々決まったお給料がもらえるのは安心できる。

 

そう思うと私のようなズボラは完全なフリーランスという生き方には向いていないかもしれない。

不自由でもいいけど、少しの自由も欲しいのも本音。

結局、自分の今の会社の仕事でスキルアップする方が経済的にもメンタル的にもコスパがいい。

なんだかんだ会社の仕事にもやりがいを感じているから不自由だとしても充実してはいる。

 

だから人間関係にちょっと悩んでも、毎日猛烈な量の仕事をこなして残業してヘトヘトになっても、ちょっと嫌なことがあったって、それらを手放して自由になることはせずに会社員を続けている。

 

でも、自分の好きなことを気楽に楽しくやった結果、ちょっとでも収入になったらいいなとは思う。

好きなことで副収入があったら、会社員の仕事が本気で嫌になった時に心の支えになる。

 

ほんの小さな支えでも気持ちは少し自由になるよね。

 

完全にどこにも所属しない生き方は私には難し過ぎるから、どこかに所属して働くことから自由になろうとは思わないけど、小さな自由を手にするために何かしらやってみたいとは思ってる。

 

やってみた結果、しっかり撃沈したこともあるんだけどさ。

 

hetappinonichijo.hatenablog.com

 

やっぱり自由は難しいなー。