下手の横好き日常log

手探りな毎日だけどシンプルに、マイペースに。

結局はBUMP OF CHICKENに帰ってくる。ずっとひっそり推してる。

特別お題「わたしの推し

 

BUMP OF CHICKEN、私が言わずとも世の中の皆々さまは充分魅力をご存知のはず。

というか私以上に情熱を持って推している人が大半だと思うけど、私も推してます。

でもなかなかBUMP OF CHICKENを推してるって言いにくく思ってたので、お題の力を借りて大声で推しだと言わせてもらいます。

 

好きなんですよ、BUMP OF CHICKEN

中学生の頃に出会ってすでに10数年…。あれ、もうすぐ20年目…?くらいの付き合いです。

初めて聴いたのは天体観測だったか。

友達が好きで、CD借りてMDでアルバム作って聴いてたな。今で言うところのプレイリスト。今の若い子MD知ってる?

 

当時、最初は友達の推しだった。

声と歌詞が印象的だったな。

なんか好きって思ったから、何回でもリピートして聴いてました。

 

私は当時から今に至るまで、あんまり情熱的に推しを作らないタイプ。推しに課金して日本全国どこへでも追っかけるぜ!みたいなことはしてません。いい曲あったらダウンロードして聴いてるくらい。ライブにも1回も行ったことがない。

 

推しと呼べる人がいままでほとんどいなくて、人を推すというより、その時好きな曲を推すっていう感じ。

だからBUMP OF CHICKENから離れていた、全く聴いていなかった期間もある。全部の曲を知ってる訳じゃない。

 

そんなんでいまさら推しとか言うなよって思うかもしれない。だから今まで大声で推しだって言えなかった。

 

でも私なりに推してるんです。

いろんな新しいアーティストが出てきて、米津玄師とかYOASOBIとか色んな人の曲がスマホに入ってるけど、定期的に、何回でも聴きたくなるのはBUMP OF CHICKEN

トータルで見たらBUMP OF CHICKENを1番聴いてる。

 

安定感ある歌声も魅力的だけど、歌詞が沁みる。その時その時いろんなポイントで沁みてしまう。クッソ沁みる。ほんとにもう。

 

あんまりメジャーな曲じゃないかも知れないけど「才悩人応援歌」って知ってますか。

隣人は立派 将来有望 才能人

そんな奴がさぁ 頑張れってさぁ

怠けて見えたかい そう聞いたら頷くかい

死にたくなるよ 生きていたいよ

 

世界のための自分じゃない 誰かのための自分じゃない

得意な事があった事 大切な夢があった事

僕らは皆解ってた

自分のために歌われた唄など無い

問題無いでしょう

こういう死にたくなるような自分の劣等感を生々しく曝け出してるとリアルだ。

そこに共感してしまう。

 

藤原基央の中にもこういう気持ちが生まれることがあるのか。あんなに才能に溢れているのに。立派な隣人側の人だと思ってたのに。

 

こういう泥くさい、人間っぽい気持ちをストレートに言葉にしてもらえるとなんていうか、こう、息ができるような気がする。

息苦しさがある中でも、がんばろうみたいな気持ちが湧く。苦しくても歩くぞ、みたいな。

「ガンバレ」なんて他人事の何百倍もがんばろうと思える。

 

元気な時は聴かないんだけど、なんか頑張りたいのにうまくいかない、結果出ない時とか聴いてしまう。

そしていつもクッソ沁みる。

キラキラしてるだけで生きていけるか、上手くいかないことの方が多いだろうが!!

そんな人に見せたくない泥だらけの気持ちを分かってもらえたような気になる。こういうしょうもない劣等感は自分だけじゃないんだって、ほんのちょびっと楽になる。自分のための歌じゃないのに自分のことのように響く。すごくない?

 

BUMP OF CHICKENは昔の曲でも、聴く度に違う気持ちや解釈で共感してしまうので1番長い付き合いになってしまったんだ。

 

声を大にして推しと言えないのは、人にBUMP の良さを伝えたい時にこういう歌詞のすごさを説明するのが難しいってのもある。

ボーカルがかっこよくて好きーとか単純明快な回答は出来ないんだ。

もちろん藤くんかっこいいけどな。

 

しんどい時にはBUMP OF CHICKENが1番沁みる。沁みるけどヒリヒリしない。

声の雰囲気がいつも変わらないので、なんだか聴いてると落ち着く。

 

BUMP OF CHICKENと出会った時は「推し」なんて言葉なかったけど、私の推しです。

推しっていうと、火力最大で熱烈に振る舞わなきゃいけないみたいなイメージだけど、推しって言葉調べたら「人に勧めたいほど気に入っているもの」ってことだから、推しです、間違いなく。

推しって言って人に紹介しなくてもみんな知ってるし、みんな私よりずっと熱量強めに推してるけど、私なりに私の推しなんです。

 

何回人生の節目を超えても、やっぱ沁みるってなるのはBUMP OF CHICKENだけ。

これが推しじゃなかったらなにを推しと言えばいいの。

 

ずっと変わらず活動してくれてるところも密かな推しポイントです。

ちょっとヒヤッとしたことはあったけど。

バンプがいなくなったら人生にちっちゃくても、確かに穴が空く。そして生きる気力がちょっとしぼむ。

BUMP OF CHICKENはずっとBUMP OF CHICKENでいて欲しい。

 

そんな私が最近1番聴いているのは「アカシア」、ポケモンのアレです。

転んだら手を貸してもらうよりも
優しい言葉選んでもらうよりも
隣で 信じて欲しいんだ
どこまでも一緒にいけると

 

優しい言葉より、信頼…。あー、やっぱりBUMP OF CHICKENはわかってるなってなる。

 

飽きずに何百回も聴いてる。

明るい曲を元気に聴いてるってことは私は今元気なんだと思う。

やさぐれてる時は才悩人応援歌を聴く。

 

ライブ映像で曲が終わるたびに藤くんが「ありがとう」と呟くけど、こちらこそいつもありがとうという気持ちです。

ライブに行くまではせずとも昔の曲も今の曲もこれからもたくさん聴くと思うから、今後もずっと活動してほしい。

 

ライブにも行ってない、ポンツカも追っかけていない私なんかの熱量で推しなんて言葉を使っていいものかわからなくて、ずっと大声で推しって言えなかった。

でも好きなんだ。救われてるんだ。

出会えて良かったと心から言いたい。

 

だから言わせて。

 

BUMP OF CHICKENが私の推しです。